山形のやさしいおいしさに出会える洋菓子店

プリンとブッセの店 あうる

七日町二郵便局の向かいにある店舗
七日町二郵便局の向かいにある店舗

かつては映画館が並んでいたという、山形市中心部のシネマ通り。その通りの一角にある「あうる」は、2018(平成30)年5月にオープンしたプリンとブッセを中心に販売をしている洋菓子屋さん。

女性を中心に、若者から年配者までさまざまな人が訪れる
女性を中心に、若者から年配者までさまざまな人が訪れる

シンプルな白壁と木製ドアに小窓。やわらかい印象の文字で店名が記された看板から、お店のやさしい雰囲気が伝わってくる。その雰囲気はもちろん店内にも引き継がれており、明るい木製棚やショーケースにはお菓子が丁寧に並べられ、老若男女問わず誰もがほっとできる空間が広がっている。
お店が目指しているのは、添加物を使わず、安全安心に食べられるお菓子。そして、ちょっと寂しい時でも、頬張ればうれしくなるような、そんな心にも体にもうれしいお菓子。そんな想いが込められたお菓子は、できるだけ山形県産の素材を用いて作られており、その素材のよさを生かしたシンプルな味わいが特徴。

県産牛乳など厳選素材を使ったプリンは濃厚でなめらか
県産牛乳など厳選素材を使ったプリンは濃厚でなめらか

複数ある焼菓子や生菓子の中でも人気が高いのは、お店の看板商品でもあるプリンとブッセ。特におすすめの「ほろにがぷりん」は、ウイスキーのマッカランとラム酒を使った芳醇な香りが楽しめ、甘さの中にほろ苦さも感じる大人な仕上がりとなっている。またプリンの他にも、国産小麦粉で作るふわふわな生地に生クリームやジャムをサンドしたブッセも同じくファンが多い一品。一番人気のチーズクリームをはじめ、ブルーベリー、ラズベリー、チーズクリーム、ガナッシュ、季節のフルーツといった個性の光る複数の味が楽しめる。

さまざまな味わいが楽しめるブッセも人気の商品
さまざまな味わいが楽しめるブッセも人気の商品

「あうるがあるから七日町に行ってみようと思ってもらったり、仕事帰りや、日常の一部としてあうるがあったらいいなと思います」と語る店長の庄司さん。店名「あうる」は、オーナーお気に入りのフクロウのぬいぐるみに由来しているそうだが、フクロウのもつ縁起の良さも店名決めの決め手になったという。しかし、縁起担ぎ以前に、あたたかい想いとともに丁寧に作られたやさしい味わいのお菓子を食べれば、人が集まる理由がすでにここにはあることがよくわかるだろう。

自宅用でも手土産用でも使いたいお店
自宅用でも手土産用でも使いたいお店

プリンとブッセの店 あうる
所在地:山形県山形市七日町3-2-33
電話番号:023-676-7767
営業時間:10時〜18時
定休日:日・月曜日
https://www.instagram.com/owl161706/

詳細地図

あわせて読みたい。関連ページ